総量規制を超える額をキャッシングする方法

総量規制とは、借入総額が年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。この総量規制に引っかかれば、基本的にキャッシングの申し込みは断られます。しかし、借入総額が年収の3分の1を超えていても、キャッシングの申し込みの審査が通る方法がいくつかあります。今回はその1つをご紹介します。

その方法の1つとは、事業資金として借りるという方法です。この方法は、個人事業主であれば簡単に使えます。私は、年収300万程度の個人事業主なのですが、すでに100万円程度借り入れている状況で、さらに、150万円のキャッシングをしてもらうことができました。このキャッシングの申し込みの時に、使用用途は「事業資金」と答えました。そして、審査では、あまり深くこのことに触れられることもなく、特に書類も出さずに、割とすんなり審査は通りました。

ただ、通ったのは「プロミス」など、事業用のカードローンなどの商品を扱っている会社だけで、「アイフル」は事業資金では申し込めませんでしたし、「レイク」は申し込みすらできませんでした。

もし、個人事業主をされている方で、まとまった資金が必要な方は、事業用としてキャッシングを申し込んでみるというのは、一つの手であるかもしれません。