知らないと損をする!銀行よりも消費者金融が効率返済可能なこと!

キャッシングと言えば、今や消費者金融よりも銀行のカードローンをイメージすることがあります。消費者金融のカードローンに比べ、銀行カードローンは上限金利だけで言えば3%以上の差があり、総返済額が減るように思えます。インターネット上でキャッシングについて検索すると、銀行カードローンの方が総返済額が抑えられるなどの触れ込みは少なくはありません。

しかし、銀行カードローンは契約条件のまま返済し続けると、実質的には消費者金融のカードローンよりも遥かに非効率な返済となり、総返済額は大幅に増える結果となります。そもそも、銀行カードローンの多くは約定返済額が最低2千円と低く設定されており、一見すると返済負担は少ないように思えます。確かに1日当たりの利息だけで見れば消費者金融よりも少なくはなります。

ですが、消費者金融の場合は返済額を倍額に設定していることが多く、結果として短期間での返済が可能になっています。イメージでいうと積立保険のように強制的に返済が行われる分、計画的な返済が実行されています。

もし、10万円を金利14.5%かつ毎月2千円の返済で行うのと金利18.0%で毎月4千円返済した場合を比較すると10回目から11回目の返済で毎月発生する利息は逆転し、消費者金融の方が利息が抑えられることになります。返済効率を重視するのであれば、消費者金融の方がプラスになることもあるため、返済計画を立てるのが苦手という方は消費者金融を選んだ方が良いこともあります。

また、銀行カードローンはインターネット上の説明や口コミ騙されず、最低返済額ではなく、消費者金融と同等の返済額を毎月返済額をするのがより効率的に利息を抑えることが可能になります。